『スマ放置』は何が問題なの? スマホ型のおもちゃとの違いはなんだろう。

スマ放置

スマ放置』って言葉を知っていますか?

2016年11月13日ヤフーニュースの見出しに載っていた言葉です。

4~8歳の第1子を持つ母親のうち約6割が、自分の時間を確保するために「子どもにスマートフォンで遊ばせたことがある」ことが、玩具メーカーのセガトイズ(東京都台東区)が行った、“スマ放置ママ”に関するアンケート調査で分かった。

調査は10月14~16日、インターネットを通じて全国の4~8歳の第1子を持つ20~49歳の母親800人を対象に実施。「スマホを使用した子育て」に関して質問した。

毎日新聞 2016年11月13日 18:12配信 <子育て>自分の時間ほしい “スマ放置ママ”6割

これを読んで思わずドキリ。私も娘にスマートフォンを使わせているから。You Tubeで動画を見せておいて、その間に夕飯の準備……してます。

子どもにスマホ、与えちゃう時ってありますよね。

でも、最近はスマホ型のおもちゃなんかもあります。おもちゃのスマホはよくて、本物は駄目? その違いはどこにあるんでしょうか。

子どもにスマートフォンを使わせる罪悪感の原因

記事によると、「子どもをスマホで遊ばせたことがある」と回答したのは63.3%。スマホで遊ばせる理由は主に以下の4つ。

  1. 自分の時間を確保するため 73.3%
  2. 電車やバス、自家用車での移動中 49.0%
  3. ごほうびとして使わせてあげたい時 23.7%
  4. 子どもと話題を共有したい時 23.5%
自分の時間を確保するためにスマホで遊ばせること=「スマ放置」と記事では言っているんですね。

記事はさらに、スマホで遊ばせることは「よくないことだと思う」「ややよくないことだと思う」と答えた人が76.3%であり、罪悪感を覚えている母親が多いとしています。

たしかに私も、むすめにスマホを使わせていることはよくないことだと感じます。

目に悪そうだし、なんかスマホだと夢中になってくれて楽って思ってしまう自分が手抜きをしているようで嫌になるんですね。

でも、アンケートによると、罪悪感を感じる理由はそこではないみたいなんです。

罪悪感を感じる主な理由

  1. 大人のスマホを扱うことは、子どもらしい遊びでない 61.7%
  2. 子どもにとって大人のスマホを扱わせるにはまだ早い 46.6%
  3. 子どもにとって刺激の強いサイトにアクセスするリスクがある 21.0%

じゃあ本物じゃなくてスマホ玩具ならどうなのかっていう問いについては以下のように書いてありました。

また、各社からスマホ玩具が販売されていることを踏まえ、罪悪感を感じている母親に同社の「スマホトイ」の感想を尋ねたところ、「通信費や課金の心配がない」が59.3%、「ネットにアクセスできないので安心」が54.4%と過半数に達し、スマホ玩具には、外部接続ができない製品に期待が寄せられていることがうかがえた。

ここに私は「んん~!?」と疑問を感じてしまいました。セガトイズのアンケートなのでアンケート内容に多少かたよりはあるんでしょうが、スマホの悪影響って外部接続が主な理由なのかなぁって。

それより問題視されているのはブルーライトによる視力の低下や睡眠障害、スマホへの依存なんじゃないかなって思います。そりゃもちろん変なサイト見てたら困りますけど、それよりも健康被害の方が心配です。

スマホは悪影響で、スマホ玩具ならいい。その違いはどこにあるのでしょうか。

スマホは子供を放置しやすい道具である

スマホ以外のおもちゃ

現在、スマホやタブレットのおもちゃはいろいろなものが出ています。

お世話人形やおままごとなど、大人の真似ができるおもちゃは昔からあって、電話やレジセットなんかも人気がありますよね。

スマホやタブレット、パソコン型のおもちゃが出てくるのも当然の流れです。

でも、スマホやタブレットのおもちゃは小さな画面を見続けるという点で、ほかのおもちゃとは勝手が違います。

なんていうか、子どもとおもちゃが一対一になってしまって、親が立ち入れない感じ。

そういったものに子どもがはまってしまい、それを親が放っておくのがよくない。

親と子供の間に見えない壁ができてしまっている、まさに『スマ放置』ってやつです。

本物だろうが、おもちゃだろうが、スマホやタブレットって『放置』になりやすいんです。

引用した記事もそう締めくくられています。

セガトイズは「玩具のスマホを上手に利用し、“スマ放置”から“スマ保育”に変わっていってほしい」(同社広報)としている。

ただ、子どもが何かにはまり、親が放っておくというのは普通のおもちゃでも起こりうること。

絵本だろうが、おままごとだろうが、子どもが一人で遊んでいて、その間に親が別のことをしていたとしたら、それは『放置』にはならないのでしょうか。違いは何?

夕飯作りたいからテレビやDVDを見せておく。おもちゃで一人で遊んでいるから、ちょっとママも雑誌を読む。これは放置?

結局、スマホに限らず、子守りをほかに依存することが問題なのです。

子供が何に夢中になっているか把握しよう

スマホ親子

赤ちゃんの頃と違い、年齢があがるにつれ、子どもは一人で遊ぶ時間が増えてきます。

その間に親が自分の時間を持つことは悪いことではありません。ママだって息抜きは必要です。

それに、一人遊びは子どもの発達にはとっても重要。想像力や集中力が増すと言われているんです。

ずっと一人で遊ばせておくこと、子どもが何で遊んでいるのかを親が把握していないことが問題。

  • 子どもが何でどう遊んでいるか把握しておく
  • 適度に「何してるの?」と聞いてみる
  • 子どもがママのところに来た時、ママの都合で一人遊びに戻さない
一人遊びをしている時にも、「ママはいつもきちんと見守っているよ」という姿勢でいることで、子どもは安心して遊ぶことができます。自立の第一歩です。

スマホは上手に使えば育児にもとても役に立つもの。

スマホのおかげで言葉が増えた、というママもいます。うちは娘の誕生日プレゼント候補にもなっているくらいです。

子守りをさせるのではなく、成長のための道具にする。そんな風にしてスマホをうまく使っていけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください