上の子可愛くない症候群を恐れないで。兄弟を平等に愛することはできる!

上の子可愛くない症候群

最近、上の子可愛くない症候群という言葉をよく目にするようになりました。

ざっくり言うと「下の子が産まれると、上の子が可愛く見えなくなる」というもの。

「私も上の子を可愛くないと思っちゃう日が来るんだろうか……」

上の子が大好きでたまらなかった私。下の子の妊娠中、自分がそうなってしまうことが怖くて怖くて……。

実際、下の子が産まれてみると、上の子をちょっとうっとおしいと思ってしまうことがありました。でも、「上の子を全力で愛そう」と思うと、今度は下の子がまったく可愛く見えない時期もあったんです。

上の子と下の子を比べないで、平等に愛することはできるんでしょうか。

上の子可愛くない症候群の原因

反抗期、更年期、生理前、妊娠中……ホルモンのバランスが崩れる時期は、イライラもやもやが止まらなくなります。

産後のホルモンバランスはかなり崩れていますから、なんかもう信じられないくらいイライラもやもや鬱々するんですよね。

一方で、小さいものを守ろうとする本能のようなものか、新生児に対しては愛しいという気持ちがじんわりとわいてきます。

そうなると、イライラの矛先は上の子にがっつり向いてしまいがち

うちはちょうど上の子がイヤイヤ期に入っていたので、「こいつ可愛くないなー!!」とイライラすることがありました。

あとは「上の子でかっ!!」って思ったんですよね。小さいものってなんか無条件にかわいくないですか?

「うあー、でかいなぁ」って思った瞬間に、「いつの間にか、かわいいだけの存在ではなくなっていたんだ」という感覚がありました。

言わないように、考えないようにと思っていても、「お姉ちゃんになったのに」という目で見てしまっていたのも事実です。

上の子可愛くない症候群があるのは、ある意味ママにとっては避けられないものなのかもしれません。

父親側からは上の子も下の子も関係ない?

ママはホルモンバランスから上の子可愛くない症候群になりやすいのかもしれませんが、父親はどうなんでしょうか。

三十路男さんの運営されている『三十路男の悪あがき』に、上の子可愛くない症候群についてパパ側から書かれた記事があります。

溺愛されている息子さんは現在、2歳。最近、下のお子さんが生まれました。

奥さんから「上の子は愛に飢えてるから、いっぱい遊んであげて」と言われたのが気にかかって調べたところ、上の子可愛くない症候群という言葉を知ったそうです。

全く異なる月齢、年齢の2人を比較する行為は、家族にとって、子育てにとって不幸な結末しか生まない。

ママ・新生児・上の子の3人を離れて眺めることができる分、パパは上の子の寂しさに気づいてあげやすいのでしょう。

「上の子のママを独り占めできない寂しさや悔しさをどうにかしてあげたい」という三十路さんの思いが伝わってきて、読んでいると思わず、上の子を抱きしめてあげたくなります。

ただ、ママだって上の子の頑張りは認めているし、上の子が可愛くないわけではない。

新生児を守らないといけないという本能のようなものと、上の子をいじらしく思う気持ちの狭間でもがいています。

『上の子可愛くない症候群』って名前がやっぱりよくないですよね。主婦ブロガーのままごんさんがいい名称をつけていましたよ。

『ついイライラしちゃうけどほんとは大好きだよ症候群!!!!』

本当はママだって大好きな思いを伝えたいんです。

私が上の子可愛くない症候群を解消できた理由

私の場合は、下の子が12月に産まれ、翌年から娘が幼稚園のプレに行き始めました。体験入学みたいなものですね。

プレに行き始めると、上の子が幼稚園に通い始める実感がかなり湧いてきます。

毎日ずっと一日中そばにいて、どこへ行くのも一緒だった娘と、たった数時間でも離れることになるというのがさみしくてたまりませんでした。

だから、娘が幼稚園へ入園するまでの1年間を大事にしようと心に決めたのです。

そうしたら、自然と上の子可愛くない症候群は消えていました。

だって上の子は初めて自分のもとに来てくれた子。私にたくさんの初めてをくれた子です。本当に愛しい存在なんです。

そういった気持ちを思い出すことで、上の子への愛情はぶわっとあふれ出てきます。

下の子可愛くない症候群になる人もいる

一方で、下の子可愛くない症候群になったかもしれないと告白するのが、『パパパッとパパ』のPikkyさんです。

男って現金な生き物で、好かれると好きになります。
そういう意味で、上の子はいくらママが一番と言えど、パパのことも好きだと態度で示してくれるので、自然と私の上の子愛も盛り上がります。

私、これわかります。

赤ちゃんって寝てるかおっぱい飲むかだから、何考えてるかさっぱりわかんないんですよ。

それに比べて、コロコロと表情が変わって、「ママー!!」って飛び込んでくる上の子はかわいいです。

実は私は下の子可愛くない症候群にかかっていた可能性が高いです。産後の入院中、新生児が横に寝てるのに「娘に会いたい……」って言ってましたから。

新生児特有のちょっとぼんやりした猿のような顔を見て「正直かわいいお顔とは言いがたい……新生児はサイズと仕草でかわいさ補正してるわ……」って思ってました。

愛情のバランスが取れてきたのは入園後

上の子が幼稚園へ通うようになると、下の子ってめちゃくちゃかわいいなぁって感じるようになりました。

単純に下の子との時間の増加が原因です。やっぱり一緒にいる時間の長さって重要。

あとは二人目が産まれると「上の子を優先してあげるんだよ」とよく言われるので、上の子ばっかり見て、下の子に目を向けてあげられていなかったのかなぁと思います。

下の子だけを見てあげられる時間が増えることで、どんどん下の子への愛情が増しました。だんだんと下の子も意思表示するようになりますし、表情も豊かになりますしね。

上の子はどうかと言うと、会えない時間で愛しさが増すようで、迎えに行ったときの顔の輝きに毎日いやされています。

子供への愛情は割り算ではなく掛け算

兄弟は平等に愛せる
あんなに大好きだった上の子が可愛くない。あんなに欲しくてたまらなかった下の子が可愛くない。

いつまでこんな気持ちが続くんだろう。悩みました。

私には弟がいて、母親は弟のほうが好きなんだとずっと感じていました。

だから、下の子の里帰り中こっそり母親に聞いてみたんです。「私も下の子のほうが可愛くなっちゃうのかなぁ。上の子が可愛くなくなっちゃうのかなぁ」って。

「やっぱり上の子は特別だよ。ずっと可愛くて仕方がないもんなんだよ」

下の子が1歳を過ぎ、その言葉は本当なんだと感じました。上の子は特別。でも下の子だってかわいい。

人間誰しも合う合わないはあるし、どうしても比べてしまう生き物です。兄弟を平等に愛せるか不安に思いますよね。

大丈夫。自分の子供はやっぱりどちらも可愛いです。

いま上の子可愛くない症候群に悩まされているママも、それはホルモンのせい。

上の子に対する愛情が、自分の中のよくわからない何かに黒く塗りつぶされそうになっても、ぱっとそれが晴れる日が来ます。

兄弟が産まれると、愛情はそれぞれに分かれてしまうわけではない。2倍になる。それぞれに100%注がれるもの。愛情の質が違う気もしますね。

子どもが父親と母親どちらが好きなのかを選びきれないように、親も上の子と下の子、どちらへの愛が大きいなんてはかれないんだと思います。

ただ、親がいくらそう思っていても、子どもは気にします。いつか「どっちが好き?」って聞かれる日が来るかも。

そのときは、「あなたが一番よ」って言いたい。心の底からそう言えるママでいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください