育児中に風邪をひくとしんどい! 少しでも楽になるためにできること。

ママ風邪

育児中に風邪をひくとしんどいですよね。

産後はホルモンバランスは乱れているし、育児ストレスや疲れ、睡眠不足から免疫力がかなり下がっています。

気をつけていても、子どもからもらってしまうことも。

子育て中にママが風邪をひいたときの個人的な3大しんどいがこちら。

  • ご飯やおやつの用意がしんどい
  • 子どもの相手をするのがしんどい
  • 休めないから治りが遅くてしんどい

頼りたくても夫は帰りが遅く、実家に頼るのもちょっと気が引ける。そんなとき、少しでも楽になるためにできることをまとめました。

ご飯やおやつの用意は必要最低限

ママが風邪をひいてしまって一番困るのはご飯の用意。自分の食欲はなくとも、子どもたちのご飯は作らないといけないんですよね。

子どもは自分と同じおかゆやうどんで乗り切ろう

基本は子どもと自分は同じご飯を作ります。作り分ける必要なし!

自分がおかゆやうどんしか食べられないんだったら、子どももおかゆやうどん!

離乳食期だったらもちろん、3歳くらいでも卵がゆなど味がしっかりしたおかゆなら意外と食べてくれます。

うちの3歳の娘はなぜか白がゆを「味がしないねー!!」と言いながら、パクパク食べていました。白米好きなら白がゆでも平気かも。

うどんやそうめんなどの麺類は好きな子は多いですよね。

おかゆやうどんだったら、とりあえず煮るだけなので簡単です。

栄養が気になるなぁと思ったら、調理不要だったり、キッチンバサミでちょきちょき切るだけの具材を使うといいですよ。

たんぱく質なら豆腐や納豆、野菜なら青菜ですね。トマトも煮込めばつぶせますし、トマト缶を使うと簡単。

小さな冷凍おにぎりを普段から作っておく

小さな冷凍おにぎりを普段から作っておくとかなり楽です。

子ども用のお茶碗の半分くらいのサイズだと、あまりポロポロ落とさずに食べられますし、チンする時間も短くてすみます。

普段もおやつ代わりに使えるので、ストックしておくといいですよ。

子どもの相手はおもちゃとDVDにまかせる

どうしても子どもの相手は無理! ママは横になっていたいもの。子どもの相手はおもちゃとDVDにまかせましょう。

危ないものだけは片付けて、お気に入りのおもちゃとDVDだけをママの布団のそばに持ってくるようにします。

緊急事態だと思って子どもにはDVDを見せる

普段は絶対にDVDつけっぱなしは気が引けるというママも、今は緊急事態です。

使えるのは、Eテレの録画。

なんか調子悪いなぁと思ったらすぐに、夕方と朝にEテレを録画しておきます。

  • いないいないばぁ
  • おかあさんといっしょ
  • みいつけた!

の3つは鉄板、ほかに好きな番組があれば撮っておきます。

プラスして、BSを受信していればBS日テレの『それいけ! アンパンマンくらぶ』が使えます。

1時間の番組なので、終わったらいちいちDVDの操作をしなくて済むのが助かります。

3歳以上になれば少し長めのDVDでも続けてみてくれますが、低年齢の子どもだとEテレやアンパンマンくらいの短さでないと飽きてしまうので、おすすめです。

音の出ないおもちゃを用意しておこう

一人遊びが得意なら、おもちゃで遊んでいてもらいます。ただ、音の出るおもちゃは頭に響きます。

音の出ないおもちゃを用意して、音の出るおもちゃは隠しておくといいです。

普段、音の出るおもちゃのほうが好きな子も、なければないで他のおもちゃで遊んでくれます。

風邪を早く治すためにできること

何はなくとも風邪を早く治したいですよね。

マスク、ホッカイロ、ネックウォーマーが使える

風邪をひいたときは、マスクをして喉の乾燥を防ぎます。子どもへの感染予防にもなりますね。

ホッカイロは免疫力を高めてくれるツボ、”風門”のある場所へ貼ります。

首を前に曲げたときに、背中側でぼこっと突き出る骨がありますよね。そこから指2本分下、さらに指2本分外側にあります。

ただ、ホッカイロはざっくり肩甲骨の間らへんにベタッと貼っておけば大丈夫です。

首をあたためると全身があたたまって体の回復が早くなるので、ネックウォーマーをして寝てみましょう。

風邪をひいたら飲むといいと思っているもの

私が個人的に風邪をひいたら飲んでいるものをご紹介します。

  • ココア
  • はちみつ大根
ココアはポリフェノールが豊富で、免疫力を高めてくれます。ほかにも、炎症を抑えたり、せきをしずめる成分も入ってるんです。

飲むだけで体がポカポカ温まるし、なんだかほっとできるのもポイントです。

はちみつ大根は本当に風邪のときの救世主です!

「喉やばいかも」って思ったときにすぐに作って飲めば、ひどくなりにくいですよ。

ひどくなる前に子連れでも病院へ

ママは病院へ行くのを我慢しがち。子どもがいるからと無理して悪化させてしまうことも多いです。

ひどくなる前に病院へ行きましょう。子連れでも病院へ行くことはできます。

無理しない程度にストレスの根っこを取り払おう

風邪をひくのは、「免疫力が下がってるよー、疲れてるよー」という体のサインです。

パッと休んでしまいましょう。この際、家事はできるかぎり放棄です!

ただ人によっては、家が散らかってるとただ事ではないストレスを感じるとか、洗濯物がたまってるのは許せないとかありますよね。

夫に少し片付けてもらうとか、24時間やってるコインランドリーに突っ込んできてもらうとかできればいいんですけど、それも嫌。

そんなときは無理しない程度に動いてもいいと思います。そういう人は動いたほうが元気になることもあります。

子育て中でも、なるべく自分の体と心に負担のないように体調を整えられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください