好きなことをやって暮らしたい! 自分の「好き」を見つけて仕事にする方法とは。

「どうせ働くなら、好きなことを仕事にしたいなぁ」

専業主婦になって4年が経ちました。いつかは働かなきゃいけないとは思っています。

育児仕事を両立させるのは、かなりハードだけど、好きな仕事ならやっていけそう。

でも、好きなことを仕事にするにはどうしたらいいんでしょう。そもそも、私の好きなことってなんだろう。

仕事を離れ、育児や家事に専念していくことで、自分のやりたいことがぼんやりしちゃいませんか?

2017年5月10日の日経新聞夕刊に載っていた「やりたい仕事に就くために」というコラムにヒントがありましたよ。

「やりたい仕事に就くために」好きなことって何?

コラムを書いたのは川村元気さん。映画プロデューサーであり、作家、絵本作家でもあります。
[aside]川村元気さんとは

  • 映画『電車男』『モテキ』『君の名は。』などのプロデュース
  • 佐藤健主演で映画化された『世界から猫が消えたなら』の原作
  • NHK Eテレで放映されていた『ティニー ふうせんいぬのものがたり』の原作

など数々の有名作品に関わっています。
[/aside]

川村さんは講演に行った先で、大学生から「好きなことを仕事にするには、どうしたらいいんでしょうか」という質問をよくされるそうです。

その質問に対し、川村さんはある疑問を投げかけます。

「自分が好きなこと」「仕事にしたいこと」を理解している学生が果たして何人いるだろうか。

「好きなことを仕事にしたい」という考えは誰もが持つことです。

就職活動の啓発ポスターには「好きを仕事にしたい人、必見!」という文字が踊り、好きなことで生計を立てている人は幸せだという風潮があります。

でも、自分が本当に好きなこと、ずっと仕事にしていきたいことって何でしょうか。

好きなことはあるけれど、仕事になったらつらくなりそう……って不安もあります。

好きなことをやっているはずなのに、挫折を味わい、苦しい思いをし、好きだったはずのものを嫌いになってしまう人をよく見てきました。

好きだったからこそ「こんなはずではなかった」という思いも強くなるようです。

けれど、そこを乗り越え、好きなことを仕事にして、いきいきと暮らしている人はもちろんいます。

違いは「本当に自分が好きなこと」を発見できているかどうか。ぼんやりとした「好き」では苦しい時期を乗り越えることができないのです。

自分の好きなことの見つけ方

川村さんは、自分の好きなことを見つける方法を示してくれています。

自分がやりたいことにお金と時間を使ってください。

映画だったら実際に映画館へ足を運ぶ。本や服ならセールや中古ではなく新作を買う。雑誌を立ち読みでしか読んでいない人に、おもしろい雑誌は作れません。

本当に好きならば、惜しみなくお金と時間を費やすのです。

自分のお金や時間を使ってまでやりたいとは思えないことは、本当に好きなことではありません。

もし、本当に好きなことが見つからなかったら、まずは何かひとつのことにお金や時間を費やしてみましょう。

最初はさほど好きではなかったことでも、自分のお金や時間を使って一生懸命学ぶことで深い愛情を持てることもあります。

そうして見つけた好きなことには、またさらにお金と時間を費やしてみましょう。結果がついてきます。

ブロガーのはあちゅうさんも言ってました。

ブログでも「なりたい」を言いたいだけの人が嫌い

つまりはこういうこと。

好きという気持ちはお金と時間を費やすほどの情熱を産むし、その情熱が仕事を連れてくる。好きなことを仕事にして成功している人とはそういう人のことなんですね。

自分の給料やおこづかい、ふっと空いた自由時間を何に使いますか。

もっと言えば、お金がなくても、時間がなくても、やりたいと思えるものってありますか。睡眠時間を削ってでもやりたいような。

好きを仕事にする人ってそういった執念みたいなものがあって、やがて仕事を引き寄せてくる気がします。

育児や家事が好きな専業主婦でもきっと見つかる

私がこれまで、何にお金と時間を費やしてきたかを考えてみました。

  1. 文章を書くこと
  2. ブログ運営
  3. 育児や家事

文章の書き方や育児・家事に関する本はすぐに買ってしまいます。暇さえあればブログを書いたり、カスタマイズしたりしてました。育児や家事はやらざるを得ないというのもあるけれど、大好きです。

……私このままブログ書きながら専業主婦してるのが幸せなんじゃないか。

主婦の人はこんな感じになる人が多いかもしれませんね。でも、もし私のように育児や家事にお金や時間を費やしていると思ったのなら、それはそれでありだと思うんです。

育児や家事が好きなら、それを続ければいい。

もちろん金銭的な理由で働かなきゃいけないこともあります。私もそうです。

でもその場合は、育児や家事を優先できる道を見つければいい。家族がいない時間だけとか在宅で働く方法を見つけるんです。

私はそうしたいと思っているから、いま1歳の息子が幼稚園に入ったら、子どもが幼稚園に行っている間だけ外で働くつもりです。働き先はもう当てを見つけています。

それまでは節約をがんばって、なんとか乗り切って、家族を優先したいんです。

まとめ:自分が本当に好きなものを見つけよう

まずは自分の好きなことを見つけてください。そのためにがむしゃらになってみてください。

そうすれば結果はきっとついてきます。駄目だったとしても、好きなことのために頑張った経験は無駄にはなりません。

心の底から好きなことを見つけるのは意外と難しい。それを仕事にする方法を見つけるのはもっと難しいです。でも、自分が好きなことを見つけられたとしたら、幸せへの道は少し開けます。

仕事にできなかったとしても、趣味で続けていくだけで毎日はかなり楽しくなります。

たまに、自分には趣味がないという人がいますが、それはまたもったいないことです。

まずは自分が何にお金と時間を費やしてきたか、思い返してみてください。そしてまたお金と時間を費やしてみてください。それが幸せへの第一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください