専業主婦でも活かせる! ストレングス・ファインダーで自分の強みを見つけよう。

あなたの強みって何ですか? パッと聞かれて答えられるのって、就職活動中くらいじゃないでしょうか。

でも、普段の生活でも強みを活かすことで、毎日が生き生きと輝き出します。

そんな自分の才能を発見できるストレングス・ファインダー

もともとは天職を見つけたり、仕事を円滑に行ったりするためのテストという意味合いが強いものですが、主婦でも活かせる部分がありそうなのでご紹介します。

ストレングス・ファインダーとは

ストレングス・ファインダーとはアメリカのGALLUP(ギャラップ)社が行っている自分の資質(強み)を発見できるテストです。

ギャラップ社は40年に渡り「人間の強み」について研究をしてきました。人は弱みを改善するよりも、強みを活かすことで最大の能力を発揮するというのです。

ストレングス・ファインダーでは、34個ある資質の中から自分のトップ5を知ることができます。

お金を払えば全34資質の順位を知ることも可能です。34個全ての順番を知ることで自分の強みをより深め、弱みを切り捨てる選択ができるそうですが、お高いです。69ドルとか89ドルとか。

34個ある資質がどんなものなのかは、詳しくは日本経済新聞出版社の『 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』という本に載っています。

本についているアクセスコードを公式HPで入力すると、診断を受けることができます。

※アクセスコードは1回しか使えないので、中古で買うと診断を受けることができない可能性があるので注意してください。

強みを活かすとどうなるの

本には強みを活かすことの大切さが書かれているのですが、たしかになぁと感じた話が2つあります。

バスケットボールのコートでは偉大な才能そのものだったマイケル・ジョーダンでさえ、どんなに努力をしてもゴルフや野球の「マイケル・ジョーダン」にはなれなかった。

マイケル・ジョーダンはバスケットボールという自分の強みを最大限に活かしていたのです。

もう一つは少し長いので要約しますね。

作家のマーク・トゥエインは、死後、天国の門で聖ペテロと出会った男の話を書いています。

男は聖ペテロに「誰が史上最高の将軍ですか」と問います。しかし、聖ペテロが答えたのは地上にいたころ、ただの労働者だった男。

「彼は史上最高の将軍だった。もし彼が将軍になっていたらね」

自分の強みに気づいて、それを活かすことで最大限の力を発揮できる。気づかないともったいないというのがわかる逸話ですね。

主婦が受けるメリット

さて、こんなストレングスファインダーですが、主婦が受けても意味はあるのでしょうか。私が感じたメリットは以下の3つです。

子育てや家事を効率的に楽しくできる

それぞれの項目には「行動アイディア」が紹介されています。「こうやって働くとあなたの強みを活かせる」というアドバイスです。ビジネス寄りですが、普段の生活にももちろん活かすことができます。

たとえば私は「達成欲」が高く、常に何かを成し遂げたい資質を持っているそうです。毎日がゼロからスタートし、1日が終わるまでに具体的な何かを成し遂げないと納得できないタイプ。

行動アイディアには、『目標に到達するまでのスケジュールと目安を決めておきましょう』『祝ったり表彰したりする機会を日々の生活に取り入れることを忘れないようにしましょう』とあります。

次から次へと何かを達成したくなるので、ひとつひとつのタスクをしっかりと終了するといいんですね。そして達成したら成長や達成を喜ぶことが大事。

家事をポイント制にするとか、ちょっとゲーム感覚でやってみると楽しくできる人なんだなって気がします。

一度ためしにポイント制を導入してみました。その日やりたいことを書き出して優先順位をつけ、順位に応じてポイントを割り振り、一個ずつこなしていくようにしたんです。そうしたら、家事がとっても楽しかったです。

自分の強みを知ることで自信がつく

専業主婦は仕事の評価をされることがありません。給料も発生せず、自分のしたことの対価が見えづらいです。だから、「自分はこのままでいいんだろうか」って悩む日があります。

自分の強みを言ってもらえると「私にもいいところがあるんだ!」ってうれしくなるんですよね。自分はこれでいいのだと胸を張って過ごせます。「自分に長所なんかあるのかなぁ」って不安になって自分を見失っていた人は、パッと明るく視界が開けるでしょう。

「自分では長所だと思ってるけれど、本当に長所なのかなぁ」って感じていることもありますよね。自分で長所だと思っているところとばっちりはまるとホッとします。逆に、全然違うと「自分のこと勘違いしてたんだなぁ。だから息苦しかったのかもしれない」と納得することができます。

自分が好きなことを見つけるヒントにもなります。好きなことは趣味でもいいですし、専業主婦でいつか働きたいと思っている人は仕事選びの参考にできます。

夫婦で受けるとお互いのことがわかる

うちではまだやっていないのですが、お互いの強みがわかるとコミュニケーションも取りやすい気がします。

強みにはそれぞれ「○○が高い人との働き方」の説明があります。「こういう風にするとやる気になってくれる」とか、「こういう状況で頼りになる」とかが書いてあるんです。

夫の強みを知っていると、家事や子育てを手伝ってほしいときの声がけの仕方や、どういった手助けをしてもらうといいのかがわかります。夫婦の会話が円滑に進みそうですよね。

強みを見つけて生活に活かそう

人間はどうしても自分の弱みを見つけて改善しようとする傾向にあります。そうすることによって、出来ることが増え、成長はできるかもしれません。

でも、弱みばかり見ていると落ち込みます。改善するには努力と時間が必要ですからね。ものによっては、一生かかっても改善できないかもしれないのです。

なにも弱みを改善するだけが成長ではありません。強みを伸ばすことも成長のひとつです。強みを見つけてそこを活かすことで自分に自信を持ち、前向きに生きることができます。

ストレングス・ファインダーは現在Ver2.0になり、さらにテストの精度が上がったそうです。2017年4月に発売された『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう-新版-』にアクセスコードがついているので、興味があったらやってみてください。心理テストが好きな人はとくに楽しくできますよ。

次回、私の診断結果をご紹介します。人の診断を見るのも楽しいですし、診断内容がどんなものなのか、どう活かしていけばいいのか具体的にご説明しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください