ガラケーユーザーのママ友とLINEをするときの注意点。できないことを知っておこう!

ガラケーLINE

「私、ガラケーなんだよー。でもLINEはやってるから!」

スマホユーザーが増えているとはいえ、まだまだ現役のガラケー(ガラパゴス携帯・フィーチャーフォン)。コンパクト、シンプル、安価で使い勝手がいいんですよね。

ママ友とのやり取りにLINEを使うことが多いので、ガラケーのママでもLINEを始める人が増えてきています。

ただ、ガラケーのLINEは、スマホと同じように使えるわけではありません。ガラケーユーザーとLINEをするときの注意点をまとめました。

ガラケー版LINEでできること、できないこと

ガラケーのLINEで使える機能

  • トークメッセージの送受信
  • 友だち追加(ID検索、QRコード、メール招待)
    ※ガラケー側のQRコードはない
  • 友だち削除、ブロック、非表示設定
  • グループ作成
  • プロフィール設定

ガラケーのLINEで使えない機能

  • 無料音声通話、ビデオ通話
  • ノート、アルバムの利用
  • タイムラインの確認、投稿
  • ふるふるでの友だち追加
  • 友だちの自動追加
  • 有料スタンプ
  • 年齢認証
  • メ―ルアドレスの変更
  • 電話番号、Facebookアカウントの認証
  • 公式アカウントリストの表示
  • LINE PLAY、LINE GAMEなどLINEの行っている各種サービス

無料通話ができない

LINEといえば無料通話を重宝している人も多いのではないでしょうか。

ママ友と無料通話をするというのはあまりないかもしれませんが、ガラケーLINEでは無料通話をすることはできません。

メッセージの送受信をリアルタイムでできない

メッセージ送受信

スマホだとLINEのメッセージが届いたらすぐに通知が来ますよね。

ガラケーでは通知はメールで届きます。通知メールの配信設定は、20分ごと・1時間ごと・24時間ごとの3種類のみ。

通知メール以外では、自分でLINEサイトの更新ボタンを押して確認しています。

LINEはポンポンとトークを送りあえるイメージがありますが、ガラケーユーザーはメッセージの確認にタイムラグがあると思っておきましょう。

なかなか返事がこないなぁと感じることもあるかもしれませんが、

  1. LINEサイトを開く
  2. トーク画面を開く
  3. 更新ボタンを押す

という作業をしています。ガラケーLINEの画面では既読マークもつきません。自分のメッセージが読まれているかどうかもわからないのです。

私が「返事あとでいいか」と思って1時間放置している間に、何度も更新ボタンを押してくれているかもしれないんですね……画面スクロールだって「次へ」ボタンです。

スマホユーザーにとっては気軽に行っているトークも、ガラケーユーザーは面倒な思いをしているかもしれません。すぐに返事がほしい時にはLINEではなくメールを送信したほうがいいですね。

ノートやアルバムは使えない

流れてほしくない情報をまとめておくときに便利なノートやアルバム。ガラケーLINEからは投稿だけでなく、閲覧すらできません。

気軽に「ノートに投稿しておいてね」「この前の写真をアルバムにまとめました♪」と言ってしまうと困ってしまいます。

幼稚園や小学校の役員で、決定事項をノートに残すこともあるかと思います。ガラケーユーザーは確認することができないので、ノートに記載されている情報が必要になる時には再度、トークで情報を流したほうが親切です。

タイムラインは見えていません

ツイッターのように使っている人も多いタイムライン。

ママ友とも、「この前アップしてたの○○のケーキ?」「△△ちゃんとこ赤ちゃん産まれたみたいだねー」なんてタイムラインの情報で会話をすることがあります。

ガラケーユーザーのママはタイムラインを見ることができないので、蚊帳の外にならないように補足説明をしましょう。

「ふるふる」でつながることができない

友だちの追加っていつもどうしてますか? 私はお手軽なのでいつも「ふるふる」。でも、ガラケーでは「ふるふる」はできません。

ガラケーLINEでできる友だち追加の方法は3つ。

  • QRコード読み取り
  • ID検索
  • メール招待

ガラケー側のQRコードはないので、QRコードを使う場合はスマホユーザーのQRコードをガラケーユーザーに読み取ってもらいます

LINEのIDの設定、メールアドレスの交換をしていれば、ID検索やメール招待もありですね。

ちなみにスマホ側が格安スマホを使っている場合は注意点がもうひとつあります。

格安スマホからはID検索ができません。スマホLINEのID検索は年齢認証が必要で、格安スマホって年齢認証ができないんです。ID検索する場合は、ガラケー側から検索してもらいましょう。

スマホガラケー格安スマホ
するされるするされるするされる
QRコード×
ID検索×
メール招待
 自動追加×
ふるふる××

最近は格安スマホに変えてみたというママも多いので、覚えておくといいですよ。

共通のママ友がいて、その人とガラケーママが既につながっていた場合は、三人でトークを作ってしまうというのも手。

LINE友だち追加

トーク内に表示されたユーザーは、アイコンをクリックすると友だち追加ができます。ガラケーユーザーでなくても使える方法ですね。

パケット通信料をめっちゃ使っている

ガラケーLINEはアプリではありません。LINEのサイトへ接続してトーク画面を確認しています。

LINEは一度トークが始まると頻繁にトークのやり取りが交わされますよね。そのたびにガラケーユーザーはLINEサイトへの接続を行っています。

サイトへの接続は有料なので、LINEを使うとそれだけパケット通信料を取られます。

トークが長くなれば、前の方のトークは「以前の発言」ボタンを押さないと見ることができません。写真のやり取りも「画像」ボタンを押しているうえ、画像閲覧のパケット使用量は破壊的です。

LINEをやっているガラケーユーザーはパケット定額プランに入っているとは思いますが、念のため確認しておいた方がいいでしょう。

お互い快適にLINEを使おう!

ガラケーユーザーのママさんでしきりに「ガラケーですみません」「スマホに変えろって話ですよね」と申し訳なさそうする人がいます。

「早くスマホにしなきゃね」そんな風に言う人も多くて、本当にそうなのかなぁ……。スマホに「しなきゃいけない」なんてことはありません。

内閣府が3月に発表している消費動向調査を確認してみると、2016年度(平成28年度)のスマートフォンの普及率は69.7%。スマホ以外の携帯電話・PHSの普及率は58.6%。

年々スマホの普及率が上がり、スマホ以外の普及率は下がっていて、ガラケーからスマホへの切り替えは進んでいるようです。

でも、まだ58.6%はガラケーなんですね。

もちろん調査の対象年齢が幅広いので、20代~40代のスマホ普及率はもっと多いとは思います。それでも、ガラケーユーザーも一定数いると思っていた方がいいでしょう。

メッセージのやり取りや無料通話など、便利に使えるLINE。ガラケーユーザーも使えますが、制限がいろいろあるということを知って、お互い少しでも快適にLINEを使えるといいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください