ブログリニューアル中につき表示崩れあります。

メニコンのフォーシーズンの使用レビュー。ハードコンタクトのデメリットが解消できた!

3 min 3 views
使い捨てハードコンタクト

使い捨てコンタクトと言えばソフトが定番。

ハードレンズを使っている人は1年くらいで新しいレンズに交換するもの。

でも、メニコンから3ヶ月で交換できるハードレンズが出ているんです。

最初聞いたときにはピンッとこなくて、別にハードレンズを使い捨てしなくてもよくない?と思っていたのですが……。

ふみ

先日勧められて使ってみたら、ハードレンズのデメリットが解決できる快適レンズでした。

この記事ではフォーシーズンの着け心地や使ってみて感じたメリット・デメリットをお伝えします。

フォーシーズンならハードレンズの予備が持てる

フォーシーズンは1度に1年分のコンタクトが届きます。

左右各4枚ずつまとめて届いて、3か月ごとに交換。最後の1枚になったら、定期検査後に注文をして次の1年分がまた届くという仕組み。

ハードレンズはソフトレンズに比べてずれやすいし、落ちやすいですよね。風の強い日にどこかへ吹っ飛んで行ってしまった……なんてことも私はありました。

あとはなんといっても傷つきやすい、割れやすい。

一枚のお値段が高いから失くしたり、割れてしまったりしたときのダメージも大きいです。

ハードレンズを使用している方は度数や乱視がきつい方も多いはず。慌ててレンズをもらいにいったら在庫がなくて取り寄せになることもしばしばですよね。

フォーシーズンなら常に予備のレンズを持っておけます

次のレンズも予備がある状態で注文できるので、取り寄せになったとしても安心。

ふみ

ハードレンズで予備のレンズを持てるのはかなり便利!

フォーシーズンのレンズは色付きで左右がわかる

フォーシーズンのレンズはうっすら色がついています。

今まで使っていたメニコンティニューもうっすらピンクで、洗面所で落とした時に見つけやすくてよかったのですが、それよりもっとわかりやすいです。

しかもレンズの色は4色。

  • ピンク

春夏秋冬に対応しているのだと思いますが、これを左右別の組み合わせにしておくと、左右の付け間違いがありません。

レンズに色がついていても、視界に影響は全くなし。違う色の組み合わせでも違和感なんて全然ありません。

ふみ

コンタクトは左右で度数やカーブが違うことも多いので、左右がわかりやすいのは助かりますね。

なんか見えづらいなぁ……目の調子悪いなぁ……って思って眼科に行ったら左右逆に入れていたってことも私はありました。

わかりやすいケースでも寝ぼけて外すとうっかり間違えてケースに入れてたり、着けるときに間違えたり。レンズ自体に色がついていればそんな心配はありません。

フォーシーズンは使用感が良い!

メルスプラン最高ランクのレンズと言えばメニコンティニュー。酸素透過性が高く、30日の連続装着が可能です。

フォーシーズンはメニコンティニューよりも酸素透過性が高くなっています

周辺部分の薄さやレンズ自体の重さも改良されているので着け心地がとてもいいです。

ハードレンズなのでさすがに着けてるのを忘れるくらい……とまではいかないものの、視界はクリア!

もちろん、見えやすくなったのは交換したてのレンズだからというのもあるでしょう。ただ、そこがまたいいんです。

たとえメルスプランに入っていても、1年に1回レンズの交換に行っていたかというと……忘れてしまった年もあります。

目の調子が悪くて眼科に行って「レンズの交換してないんじゃない?」と言われて初めて気づくことも。

普段ずっと使っているとわからないのですが、新しいレンズに変えると視界が思ったより曇っていたことに気づきます。

3ヶ月に1回クリアな視界が戻ってくるのはうれしいです。

メニコンフォーシーズンの価格

フォーシーズンのデメリットがあるとすれば価格!

メルスプランのハードレンズで人気のメニコンZ、メニコンティニューと比べると……

月額年額
メニコンZ1,800円21,600円
メニコンティニュー2,100円25,200円
フォーシーズン2,400円28,800円

年間でメニコンZと7,000円もの差が出ます。 ちょっとお高く感じてしまうかも。

そもそもネットで買えばメニコンZは1枚8,000~9,000円。ハードレンズの寿命は2年から3年なので、年額1万円くらいで持てちゃうんですよね。

でもメニコンティニューやフォーシーズンはメルスプラン限定のレンズ

しかもメルスプランならいつでも新しいレンズと交換してくれます。

傷がついたり破損したりしたときは無料、紛失した場合もハードレンズなら5,000円で新しいレンズがもらえます。

お金で安心を買う、保険みたいな感じですね。

せっかくお金を払ってるのだからレンズを交換しようと思えるのもいいことかなと。

定期検査を受けないと新しいレンズをもらえませんが、

  • 定期検査を受けること
  • 新しいレンズに交換しようと思えること

どちらも大切な目を守るためになりますから。

メルスプランのケアプラスは割安

フォーシーズンのケア用品は普通にドラッグストアに売っているものでOK。

でもメルスプランにはケアプラスというオプションもあります。

月額500円で 半年ごとに半年分(6本)届くので、1本500円なら安い方かなとは思います。

普段、自分が使っているケア用品とドラッグストアでのお値段と比較して安い方を選んでみてください。あとは一か月に1本なので、使用量とも相談ですね。

ハードレンズ派ならメルスプランフォーシーズンはアリ!

使い始めて1週間ですが、

  • 視界がかなりいい
  • 左右のレンズ間違いがない
  • 予備のレンズが持てる

の3点はかなり魅力的だと感じ、プランを変更することにしました。

ふみ

ハードレンズ派なら乗り換えはアリです!

使用感が気になるという方は、店舗によってはお試しレンズをもらえることもあるので聞いてみてください。

私もメニコンティニュープランのまま3ヶ月間はフォーシーズンのお試しレンズを利用することになっています。

プラン変更は何度でもできるので、一度使ってみて別にフォーシーズンじゃなくてもいいと思ったら戻れますし「フォーシーズンってどうなのかな?」って思ったのなら一度使ってみるのをおすすめします。

[sanko href=”https://www.menicon.co.jp/” title=”コンタクトレンズのメニコン” site=”メニコン”]

葉桜ふみ

葉桜ふみ

6歳の娘と4歳の息子を持つズボラ専業主婦。元根暗なポジティブママ。愛知県出身、静岡県西部在住。家事や片付けは苦手なので、修行中! ラクに楽しく生活するためのコツを発信します♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください