無料で楽しめるお菓子屋さん。浜松の『nicoe(ニコエ)』に行ってきた。

nicoe

浜松の定番お土産「うなぎパイ」でおなじみの『春華堂』。

静岡県内では毎日CMがバンバン流れ、知らない人はいないでしょう。

そんな春華堂が運営する施設と言えば「うなぎパイファクトリー」。うなぎパイの製造過程が見られる人気スポットなのですが、2014年にはスイーツ・コミュニティ「nicoe(ニコエ)」もオープンしています。

無料で子どもと1日遊べるわが家お気に入りのスポットなので、ご紹介します!

スイーツ・コミュニティ「nicoe(ニコエ)」って何?

ニコエのコンセプトは”お菓子の新しい文化とスタイルを発信する、浜北スイーツ・コミュニティ“。

スイーツ・コミュニティって謎な言葉ですよね。

ひとことで言うと「お菓子を楽しみながら、元気に遊ぼう」っていう感じの施設です。

イートイン・お土産

  • 春華堂
  • coneri
  • 五穀屋

かわいくて美味しそうなケーキが並ぶ『春華堂』

『春華堂』といえばうなぎパイですが、ケーキやプリン、お饅頭、どらやきなどもあるんですよ。

売り場もとってもおしゃれ。記念日のケーキを買うこともできるし、お土産のお菓子を買うこともできます。

焼きたてスティックパイ『coneri』

6種のパイに6種のクリームで36通りの味が楽しめて、お土産に最適です。

五穀を使った和菓子『五穀屋』

「ザ・日本」という感じの美しさ・かわいさ・上品さなどを持ち合わせた和菓子を売っています。

売り場も和の雰囲気が存分に味わえて素敵なんです。

このように、館内ではバラエティ豊かなお菓子を食べたり、お土産に買ったりすることができます。

レストラン

  • THE COURTYARD KITCHEN(ザ コートヤード キッチン)
ビュッフェ型のイタリアンレストラン『THE COURTYARD KITCHEN(ザ コートヤード キッチン)』。

焼きたてのピザやパスタを食べることができます。

ミシェラン星付きシェフ原田慎次さんがメニューを監修しているだけあって、めちゃくちゃおいしいですよ。

ピザのパフォーマンスをやっていることもあって、子どもも大喜びで見ていました。

浜松地域ブロガーのむらきちさんがすてきな食レポを書いていますので、参考にしてみてください。
check!nicoe(ニコエ)のビュッフェ「COURTYARD KITCHEN」でディナー!2018年の正月はカニ食べ放題も!

ただ、レストランが館内にひとつしかないこともあってか、かなり混んでいます。

前日まで予約を受け付けているので、予約していくのがおすすめ。
TEL番号【個人】053-587-4455【団体】053-586-4567

キッズのプレイエリア

  • プレイグラウンド082
  • ランドスケープ
子どもが遊べるものがたくさん置いてあるエリアです。次項でくわしく説明しますね。

子どもが遊べる遊具がたくさん!

くるりの森

外のランドスケープでは、ちょっと変わった遊具で遊べます。

『くるりの森』という遊具で、ネットが張ってあるため、3歳くらいからよじのぼって楽しめます。

ニコエランドスケープ

ほかにも遊べるそうなものがたくさん。

座る場所がたくさんあるので、晴れた日には外でお菓子を食べたり、飲み物を飲んだりできます。

ブランコに座りながら生搾りジュースを飲めるショップもありましたよ。

室内には『プレイグラウンド082』があるので、雨の日でも安心。

ガリバートンネル

子どもに人気が高いのは「ドレミガリバートンネル」。

出口に向かって天井が低くなっていて、地面にはピアノの鍵盤が描かれています。鍵盤部分を踏むと音がして、柱が光るんです。

ほかにもさまざまな知育玩具が置かれていて、絵本も読めます。

私が好きなのは「ふちゅうたんす」。

ふちゅうだんす

開け閉めすると、別の引き出しがパタパタ勝手に開いたり閉まったりするんです。かなり楽しい。伝統工芸に触れることができるのもうれしいポイントです。

遊ぶときには子どもが手を挟まないように気を付けてくださいね。

おむつ替えスペースや授乳室も完備!

赤ちゃん連れのために、おむつ替えスペースのほか授乳室もしっかりありました。

場所がちょっとわかりづらかったのですが、入口から「五穀屋」のスペースをまっすぐ突っ切った先にあるトイレにあります。

ニコエトイレ

入口のカーテンを開けるとまずおむつ替えスペース。おむつ交換台1つとダストボックス、手洗い洗面台があります。

おむつ替えスペースの右側にもう一つカーテンがあるので、そちらを開けるとソファがあり授乳ができます。

仕切りはないですし、カーテンは自由に開け閉めできてしまうので、気になる人は授乳ケープを持っていった方がいいです。

ミルク用のお湯はスタッフにもらえるようなので、声をかけてみてください。

ちなみに、子ども用のトイレもあるので、おむつが外れたばかりの子でも自分でトイレに行くことができますよ。

ハロウィンやバレンタインのイベントで毎年盛り上がる!

ニコエでは年間を通して、さまざまなイベントが行われています。

「お菓子」のテーマパークですので、10月はハロウィンイベント、2月はバレンタインのイベントでとくに盛り上がります。

私もハロウィンのイベント開催時期に行ったことがあるのですが、ボディペイントをしてくれたり、簡単な衣装を着て写真を撮れたり、ハロウィン限定のお菓子がたくさんあったり楽しかったです。

CMも関俊彦さん(忍たま乱太郎の土井先生)、梶裕貴さん(進撃の巨人のエレン)、沢城みゆきさん(ルパン三世の峰不二子)といった有名声優さんをナレーションに起用するほどの気合の入れようです。

イベントの詳細は公式HPを確認してみてください⇒ニコエイベントスケジュール

浜北地区にできた無料のおいしいテーマパークへ行ってみよう

遊び場もあって、レストランもあって、その気になれば一日中楽しめる施設「nicoe(ニコエ)」。

しかも入場も駐車場も無料!

売っているお菓子は季節に応じて変化し、お菓子作り体験のイベントを開催していることもあります。

季節ごとに何度行っても楽しめる、なんとも”おいしい”スポットです。「浜松でおすすめの場所ある?」って聞かれた時に答える場所として覚えておきたいですね。

静岡西部に住んでいる人はもちろん、浜松にお立ち寄りの際にはぜひ行ってみてください。

nicoe(ニコエ)基本情報

HP:http://www.nicoe.jp/

住所:〒434-0046 静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11

TEL:053-586-4567

営業時間:9:30~22:00
※「coneri」~20:00、「五穀屋」~19:00
「THE COURTYARD KITCHEN」11:00~15:00、17:00~22:00

料金:無料

駐車場:あり(無料、110台収容、警備員あり)

■自家用車■

東名高速 浜松ICから車で20分、浜松西ICからは17分

■電車・バス■

遠州鉄道「新浜松駅」⇒「浜北駅」バスに乗り換え

  • 遠鉄バス 聖隷三方原病院方面行「染地台3丁目」下車 徒歩20分
  • 浜松バス 「ニコエ(nicoe)」下車 徒歩1分

浜松駅からは遠鉄バス13番乗り場 萩丘・都田・きらりタウン(染地台)方面「染地台3丁目」下車 徒歩20分

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください