ダイニングラグは必要か。撥水加工は楽だけど逆に汚れるよ。

ダイニングテーブルの下にラグって敷いていますか?

  • 子どもがよくこぼすので汚れから床を守りたい。
  • 椅子の出し入れでフローリングに傷がついたり、音が出るのを防ぎたい。

そんな理由でカーペットやラグを敷いている人も多いですよね。

私は検討してみた結果、カーペットって逆に邪魔なんじゃないかという結論に至りました。

カーペットやラグは良くも悪くも存在感がある

ダイニングテーブル

 

以前、ダイニングテーブルの上をきれいに保つ方法を記事にしました。次はダイニングテーブルの下をきれいに保つ方法です。

もしダイニングテーブルの下にカーペットやラグを敷くなら、どんな大きさが最適なんでしょうか。

我が家のダイニングテーブルは135 × 80cm。これに合うラグの大きさを考えてみます。

ダイニングラグの場合、椅子をひくスペースが60~80cmは必要だそうです。

うちは回転式の椅子なので、ひくのではなく回転するスペースを考えて50cmくらいかな。

テーブルの横幅が80cmなので、80cm + 50cm × 2 = 180cmのラグが必要なんですね。

縦はダイニングテーブルと同じ大きさの135cmあれば十分です。

135cm × 180cmのラグを買えばいいんだ!

ふみ
……180cmのラグってでかくない? 存在感すごくない?

ラグを敷くメリット・デメリット

ラグを敷くメリットは

  • フローリングが傷つかない
  • 汚れ防止
  • 防音対策
  • 部屋のアクセントになる

こんなところでしょうか。床を守るためという役目が強いですね。

逆にデメリットはというと……

  • 汚れを落としづらい
  • 掃除機やしみ抜きの手間がかかる
  • 色や柄によっては存在感が出る

メリットとデメリット、どちらを重く取るかは人によりけりだと思うのですが、私はデメリットを重く感じました。

ふみ
うちの狭いダイニングに180cmのラグなんか敷いたら存在感やばいよ。

汚れたら洗濯したり、しみ抜きしたりしないといけないって面倒だよ。

フローリングは拭けばいいし、傷が気になるなら椅子の方に対策をすればいいのです。

撥水加工のラグは逆に汚れやすかった

実は以前使っていたラグは洗濯問題がありませんでした。撥水加工のツルツルしたものを敷いていたんです。

とっても便利でした。が、とっても汚れました。

撥水加工でしみこんでいくわけでもないし、多少時間がたってからでもサッと拭けるので、こぼされてもしばらく放っておけたんです。

子どもは食事中に何度もこぼすので、そのたびに拭いていられなかったんですよね。

ふみ
でも、食後にしっかり拭くかと言えば、ドタバタしているうちに忘れちゃってることもしばしば。

いくら撥水加工とはいえ、そんな使い方をしていると汚れが落ちにくくなるんですよね。だんだんめちゃくちゃ汚れてきました。

しかも私、ラグがあると安心しちゃうんですよね。

ちょっとくらい汚れを放置して取れなくなっても、ラグを変えればいい。そんな甘えがどこかにあったんです。

娘が描いてしまった落書きもそのままで汚れがかなり目立つラグ。

気に入って買ったはずなのに、あまりに薄汚れて愛着もなくなってきてしまいました。

撥水加工のラグでなかったら、もう少し丁寧に扱っていたんじゃないかと思います。

ラグは敷かずに椅子に対策をする

あえて今回はラグを敷かないことにしました。

代わりに床が傷つきやすくなるので、イスにはカバーをはかせました。

ふみ
ラグを敷かない代わりに、食後はきちんと床を拭くようになりました。毎日ピカピカで気持ちがいいです。

ラグがない方が見た目もスッキリ!

センスがあれば北欧風のパキッとしたラグなんか敷くと、部屋のアクセントになっていいのでしょうが、私には無理です……。

きれいをキープするために

ダイニングテーブルの上にしろ、下にしろ、きれいをキープするために必要なことはとてもシンプル。

  • 使ったら元に戻す。
  • テーブルの上はモノを置いたら片付ける。
  • 下は汚したら拭く。

それだけのことできれいはキープできます。でも、そんな簡単なことがなかなかできないですよね。

意識ひとつ持つ。一日一回きれいに戻す。まずはそこから。

きれいな食卓も食育の一環。

楽しく食事ができるよう、きれいをキープしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください