100均で買った印鑑を銀行印にするのは危険! 簡単にお金が引き出せちゃうよ。

銀行印

いまや100均でも買える印鑑、銀行印として登録していませんか?

実は、私がそうでした。

振込をするとき、「通帳を作ってしまったほうが手数料もかからなくていいですよ」と窓口で言われたものの、持っているのは認印として持ち歩いていた100均の印鑑だけ。

「まぁ、これでもいいか」と100均の印鑑を銀行印にしたのですが……これってかなり危険なことでした!

100均の印鑑は大量生産で印影が一緒!

100均で売っている印鑑は機械で大量生産されたもの。機械で作られているということは、同じはんこってこと。

とはいえ、本当に印影が一緒になるのか、疑問ですよね。

一緒みたいなんです。私、実際に別の印鑑でお金がおろせました。

うちには100均で買った印鑑がいっぱいあります。とっさに認印が必要なことがあって、そのたびに100均で買っていたので。

ある日、お金をおろしたいのに、どうしても銀行印が見つかりませんでした。キャッシュカードを作っていなかったので、窓口で通帳と印鑑が必要です。

「そういえば、100均の印鑑だったなぁ……この余ってる印鑑、もしかして使える?」

そう思って、家に大量にあった100均の印鑑を持っていきました。銀行印にしてある印鑑はわかるように専用のケースに入れたので、絶対に銀行印ではない印鑑。

おそるおそる窓口で処理をしてもらうと……無事にお金がおろせました。無事だけど無事じゃない!! ヒヤッとしました。

印影が同じ印鑑が出回っていると何が危険なの?

印影の同じ印鑑が気軽に買えるということは、通帳さえ手に入れば誰でもお金が引き出せてしまうということです。窓口では通帳と印鑑があればお金をおろせますから。

頻繁に通っていて窓口の人と顔見知りになっていない限り、身分証明証の提示も求められないでしょう。

「そうそう簡単に通帳なんて盗まれないわ」

そう思うかもしれませんが、何があるかわかりません。義姉は空き巣に入られてお金を取られていますし、実家は停めてあった車を盗まれました。やられるときはやられます。

通帳を盗んだ人が100均の印鑑を持って窓口に行くとも思えないのですが、やっぱりなんとなく不安ですよね。

銀行印ならまだまし。実印なんかにしていたら、もっと恐ろしいことになるかもしれません。

大きなお金が動くような契約書には実印を捺します。身近なものだと車の購入ですが、実印があれば借金も勝手にできてしまいます。

知らないうちにトラブルに巻き込まれていたらと思うと恐ろしいですね。

100均の印鑑を銀行印にするなら

どうしても100均の印鑑を銀行印にするのなら、登録する前にどこか一箇所、欠けさせておきます。欠けた状態なら、大量生産品とは印影が違うので安心です。

ただ、「欠けた印鑑」は縁起が悪いとも言われます。欠けた部分から運気が逃げるとか、縁が切れるとか。

銀行で印を捺すときに「欠けてるので捺し直してください」と言われることも。「欠けた状態で登録してあります」と毎回言うのも面倒ですね。

自分だけの印鑑を持つのが安心!

認印なら100均の印鑑でもいいですが、やはり銀行印や実印など大事なものは手彫りの印鑑を持つのが安心です。

お店で印鑑を頼むと、店主がその場で彫ってくれることもありますが、店主と彫り師が別だと「また後日取りに来て」と言われることも。

最近では手彫りでも即日発送してくれる『はんこプレミアム』などのオンラインショップもあって便利です。

私もさすがに別のはんこでもお金をおろせたときにはヒヤッとしたので、銀行印は手彫りで作ってもらったものに変えました。

もし100均の印鑑を銀行印に使っていたら、くれぐれも気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください