セリアの計量カップで料理の時短! 使い勝手抜群の便利アイテム。

セリア計量カップ

調味料の分量ってしっかりはかっていますか?

料理が苦手な人は、まずはレシピ通りに作ることが大事。

とくに調味料の分量はきちんとはからないといけません。

でもけっこう面倒。適当に済ませている人も多いのではないでしょうか。

ふみ

セリアの計量カップなら、とっても楽にはかることができるんですよ

セリアの計量カップ2種

セリア計量カップ

私が料理をするときの必需品。セリアの計量カップ2つです。

イノマタ工業という会社が出しているもので、ダイソーやキャン★ドゥで見かけたという方もいますね。

  • 上からメモリを読むことができる
  • 洗いやすい
という特徴がありまして、大小それぞれに良さがあります。

一応、アマゾンや楽天でも購入できますが、100円じゃなかったり送料がかかったりします。

なるほど計量カップ 100円ショップ

created by Rinker
¥108 (2019/09/23 21:26:20時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
イノマタ化学(Inomata-k)
¥104 (2019/09/23 21:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

セリアの350ml計量カップの魅力

セリア計量カップ350ml

まず大きな方。

  • 350mlまで計量できる
  • 大きめなのでボウル代わりにも使える
  • 熱湯を入れてもOK

350mlまで計量できる

メモリは300mlまでですが、ふちギリギリまで入れることで350mlまで計量できます。

1リットル(1000ml)でも300ml × 3回と100ml × 1回の計4回。

普通の計量カップは200ml なので、5回はからないといけないんですよ。

しかもギリギリまで入れてこぼれそうになりながら。

ふみ

大き目サイズで計量できると楽ちんです

大きめなのでボウル代わりにも使える

350mlだと卵一個分くらいかき混ぜるのにめっちゃ便利。

注ぎ口が斜めになっているのでフライパンにも注ぎやすいんですよね。

熱湯を入れてもOK

耐熱100度なので熱湯が注げます。

私はコーヒーやココアを飲むのが好きなので、しっかり計量してお湯を注ぎたいときには重宝しています。

あと、ラーメン。あらかじめスープをお湯で溶かしておくタイプのときには、熱湯を計量できるといいですよね。

ただ何度かお湯を入れて使っていたら半年~1年くらいでヒビ入ります

お湯じゃなければもう少し持つのではないかと思います。

100均商品なので壊れてもまた買い直せばいいやと思えるのはいいですね。

ミニ計量カップの魅力

セリア計量カップミニ

初めて見たときは、単純に「小さい、かわいい、ほしい」という思いだけで買いました。

でも、使い始めてみたらもう本当に圧倒的に便利。

  • 小さじ1~6
  • 大さじ1~3
  • 5ml~50ml
の計量ができます。

とくにこの大さじ、小さじがポイントなんですよ。

  • 液体調味料がはかりやすい
  • 調味料の量が多いときでも大丈夫
  • 調味料の種類が多いとき同時にはかれる
  • 粉ものと液体ものを使い分けできる
  • シロップタイプのお薬が飲ませやすい

液体調味料がはかりやすい

カップなので、置いたまま液体を注ぐことができます。

目盛りも見やすい

表記が大さじ、小さじだけでなく、ml 表示もあるのがいいんですよね。

液体はレシピに ml 表示されていることもあるので、両方書いてあるのはうれしいです。

普通の計量カップは目盛りが 50ml からですが、逆に50ml まで。

私、大さじ小さじはかるの苦手なんですよ。

料理教室へ通っていた頃、講師が口をすっぱくして言っていたのが、大さじ小さじの正しい使い方。

みなさん、意外と正しくはかれていないんですよ。

スプーンの上で表面張力で盛り上がって、もう少し入れたらこぼれますって状態が大さじ1、小さじ1です。

調味料の測り方

ちょっとでも傾けたらすぐこぼれます。私は入れすぎていつもこぼします。

ミニ計量カップならそんな心配は無用。表面張力とか考えることもなく簡単に大さじ1、小さじ1をはかることができます。

セリア計量カップミニ

「料理が下手な子に限って、きちんとはからない」

そんな風に言われたことがあります。目分量ではかれるというのは熟練のワザなんですね。料理が苦手なら道具を使ってしっかりはからないといけません。

面倒な計量も、これひとつで済むならうれしいです。

調味料の量が多いときでも大丈夫

家族が4人ともなると一度に使う調味料の量も増えます。

大さじ3とかレシピでよく見ますが、本当に面倒です。

でも、大さじ3のところまで注いで、そのまま投入するだけなので楽になりました。

調味料の種類が多いとき同時にはかれる

ズボラワザなんですが、別の調味料を混ぜてもはかれます。

酒大さじ2、みりん大さじ1みたいなレシピだと、酒をはかったあとにそのまま、みりんを注ぎ足し。

別の調味料は別々にはからないといけないっていう思い込みがあったのですが、大丈夫でした。

粉ものと液体ものを使い分けできる

粉ものはスプーン、液体ものはカップと使い分けができます。

いままでは先に粉ものをはかって、次に液体……と順番にはかるか、いちいち洗って拭いていましたが、そんな手間とは無縁になりました。

シロップタイプのお薬を飲ませやすい

子どもにシロップタイプのお薬を飲ませるときに使うのも便利。

注ぎ口がついているので、子どもの小さな口に最適なんですよね。

工夫次第で使い方はまだまだありそうですね。

一度使ったら手放せないリピート商品

一度その魅力に気づいたら、手放すことができなくなりました。

最初に惚れ込んだ小さくて可愛い感じも、やっぱり好きです。

うちの近くでは商品入れ替えでビーカータイプになってしまっているセリアもありました。

ビーカータイプもシンプルでいいですが取っ手がなかったり、注ぎ口がなかったり、洗いにくかったりするんですよね。

この形が絶妙に使いやすいんですよ。

もしお近くのセリアにあったら絶対に買いですよ。

なるほど計量カップ 100円ショップ

created by Rinker
¥108 (2019/09/23 21:26:20時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
イノマタ化学(Inomata-k)
¥104 (2019/09/23 21:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください