ブランドバッグの処分方法。捨てる? メルカリやブランディアで売る?

ブランドバックの処分

ブランドバッグってゴミとして捨てるのすっごく抵抗ありませんか?

高い値段出して買ったものだから、そのままゴミ袋に無造作に突っ込むのは気が引けます。

ふみ

もしゴミ袋を見られたら「ブランドバッグ捨ててる……」ってなんか言われそうだし、ゴミ持ってかれそう……

ブランドバッグは捨てる以外にもいろいろ処分方法があります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

ブランドバッグを処分する方法

  • 捨てる
  • メルカリやオークションに出す
  • 買い取り業者に売る
  • 知人や自分の子どもにあげる
意外と捨てる以外にも処分する方法はありますね。

ブランドバッグを捨てる方法

  • 色も形も崩れている
  • ボロボロで使えそうにない
  • 売りに出すのは面倒
こんなバッグは捨てるのが一番です。

私も売りに行くのが面倒で捨ててしまったバッグがいくつかあります。

扱いも雑なので、どう考えても値段がつかないなぁと思うようなものも捨てちゃいました。

私の住んでいる自治体ではバッグは燃えるごみです。

金属部分は可能な限り取り外すこととなっていますが、外せなくても燃えるごみでいいようです。

でも「金属部分を取り外すこと。取り外せない場合は金属ゴミ」としている市もありますし、掛川市では資源物として市役所などで回収しています。

自治体のゴミ分別がどうなっているのかはまず確認してみた方がいいですね。

冒頭でも書いたのですが、ブランドバッグを普通に捨てていると「え!? 捨てるの!?」って顔をされたり、最悪あとからゴミ袋を漁られる危険性があります。

ふみ

燃えるごみとして出す場合は新聞紙や紙袋に包んで、何が入っているかわからない状態で出すのをおすすめします

ブランドバッグをメルカリやオークションに出す方法

きれいな状態のブランドバックはフリマアプリやオークションに出している人がかなり多いですね。

不要なものでおこづかい稼ぎになるのでちょうどいいです。

オークションならヤフオク(ヤフーオークション)、フリマアプリだとメルカリが一番人気。モバオクやラクマも使っている人は多いです。

  • 商品の写真撮影
  • 商品の説明文を書く
  • 送料を確認
  • 値段を決める
  • 出品する
  • 質問の受け答え
  • 購入後のやりとり
  • 商品を梱包・発送
  • 相手への評価
割と手間が多いのと、手数料でいくらか引かれてしまうのが難点。

ふみ

あとメルカリなんかは値下げ交渉が当たり前のようにきたり、やり取りでトラブルがあったりと面倒な噂が多いです……

うまくいけばかなり高値で取引ができて、普通に買取ショップに持っていくよりいいって人もいますね。

ブランドバッグをブランディアなどで売る

フリマアプリやオークションでのやりとりは疲れそうだなぁ……という場合は宅配買取サービスに頼んでしまうのが一番楽です。

一番有名なのは「ブランディア」ですね。

ブランドバックを送るだけで簡単に査定してもらえます。

以前、買取ショップへ持って行ったときには待ち時間がけっこう長くて疲れちゃったんですよね。

待ってる間に別の商品が欲しくなっちゃうし……。

しかも直接「ここに汚れがあるんで、お値段ちょっと下がります」なんて言われると恥ずかしかったりして。

査定が面倒で量り売りのショップに持って行ってしまったこともあります。

ふみ

オンライン買取なら待たされる心配もなく、直接のやり取りがないので楽ちんですね!

オンラインの買取ショップは

  1. WEBで申し込み
  2. 送られてきた発送キットに梱包・発送
  3. 査定結果が届く
という流れです。
  • 発送キットが無料
  • 送料無料
  • キャンセル料無料
  • 返送料無料
  • 査定承諾後、即入金
の業者が多く、直接交渉などのやり取りもないのでお手軽です。

ブランディア」は汚れや傷がついていても買取可能。

捨てようと思っていたものもダメもとで送って査定だけでもしてみるといい値がつくかもしれませんよ!

3分で簡単申込!



ブランドバッグは知人や子どもに譲るのもアリ

ブランドバッグはものがいいので、もしかしたら知人がもらってくれるかもしれません。

またいいものであれば、子どもがブランドバッグを持つような年齢になったら喜んでもらってくれる可能性も。

実際、ルイヴィトンやエルメスなんかは親子で受け継いでいる方が多いですね。

革製品は使えば使うほど色合いなどがいい感じになりますから、新品を買うよりも年季が入っていた方が人気だったりもします。

バッグは流行の形があるものの、そういうのって繰り返すので、子供の世代で一周してきてちょうどいいってこともあるんですよね。

少しくらいの傷だったら修理したり、リメイクして別の商品にしてくれたりするショップもあります。

素材自体はとてもいいものなので、そうやって使っていくのもアリですね。

ブランドバッグの処分は捨てるのが一番楽は楽

色々と方法を書いてはきましたが、ぶっちゃけ本当に楽なのは捨てること。

お金になるかもーと思った時点でやっぱり捨てるのを惜しむ気持ちが出てしまっているし、どの方法もひと手間はあります。

しかも「売れなかったら捨てるだけだし……」って思っていても、いざ値引き交渉されたり、査定金額が少し納得できなかったものだったりすると「もっと高く売れるまで……!」って欲が出てしまうことも。

そうなると結局手放すことができずにずっとしまったままになっている……なんてことにもなりかねません。

買取してもらうのは「売れたらラッキー」くらいにして、そうでなければさっさと捨ててしまうのが楽ですよ。

ブランドバッグを手放すための考え方を書いた記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください