旦那が転職したいと言い出した。不安な中、妻としてやったこと。

旦那の転職妻としてできること

上の子が生まれて半年経った頃、旦那が突然「転職したい」と言い出しました。

  • 妻は専業主婦
  • マイホームを建てたばかり
  • 二人目も考えている
  • 今の仕事は激務で休みなし
こんな状態で転職に踏み切るなんて……不安でたまりませんでしたが、夫のことを信じて転職に賛成しました。

結果、旦那は第一志望の企業に就職

ふみ
まぁ激務なのは相変わらずなのですが、本人は充実した日々を過ごしていますし、お給料も上がりました

この記事では、旦那の転職を不安に感じながらも妻ができることをお話してきます。

旦那が転職したいと言い出した理由

  • 勤務時間が長い
  • 休みが世間とずれている
  • 給料が頭打ち
  • 上司と考えが合わない
当時、夫の職業は塾講師。

13時~22時の仕事ですが、実際は朝10時頃から夜中の3時くらいまで働いていました。

講習期間になると朝から授業になるので、もっと勤務時間は長くなります。

自分の子どもと過ごす時間はほとんどありません

休みは平日に1日と土日のどちらか。将来子どもと旅行に行くのがむずかしそうだなぁとは私も感じていました。

入社当時は同年代に比べて高かった給料も、だんだんと抜かされていき……これから先も増える見込みはなく

塾講師って出世すると管理業務が増えて教室に入る時間が減るんですよね。

授業や面談をすることにやりがいを感じていた夫は出世コースを拒否

加えて異動してきた上司と考えが合わず、出世したいがために嫌いな上司にこびへつらう同僚にモヤモヤ……仕事がどんどんつらくなっていました。

旦那の転職活動で勧めたこと

転職活動のゴールを決める

まずは転職したい理由を踏まえて転職活動のゴールを決めました。

  • 昼間の仕事
  • 土日が休み
  • できれば自宅から通いたい
  • 給料はあがらなくてもいい
  • 出世してもやりがいがある
  • 業種は問わない
  • 今年度中に転職を決めたい
うちの場合、一番の条件は昼間勤務で土日が休みですね。

マイホームを建てたばかりなので、できれば自宅から通える静岡中部~愛知東部あたりで考えたいところ。

基本的な部分はこれくらいです。

あとは「自分がピンときた会社」という非常にあいまいな条件のまま仕事を探していきました。

もっと具体的に決めておくと仕事が探しやすいとは思います。

いつまで転職活動を続けるのか期間を区切っておくのも大事なことですね。

具体的な転職条件と期限を決めておくことで、条件に合う企業がなければ時期を改めるという選択もできます。

ダラダラと転職活動を続けるのも嫌ですからね。

ふみ
うちは塾講師で選べるほど仕事がないぞというのが正直なところなので、条件はゆるめにしていました

転職エージェントに登録

転職サイトではなく、転職エージェントです。

すでに働いている旦那は転職サイトから自分で仕事を探して、連絡をして、なんてやっている暇はありません

勤務時間が不規則で、休日も世間とはずれていますから、面接日の調整なども必要になってきます。

しかも塾講師はいわゆる「つぶしがきかない職業」です。

特別な資格が必要なわけでもなく、一般の会社で働くためにアピールできるスキルや経験が全然ないのです。

ふみ
企画、資料作成、営業などいろいろやっていても「塾講師」というだけで「授業しかできない」と思われてつらかったです……

転職エージェントに登録しておけば、

  • 旦那の経験にマッチした職業の提案
  • 非公開求人の提案
  • 面接日の調整
  • 履歴書や職務経歴書へのアドバイス
などをしてもらえます。

第三者からの視点ってすごいですよ。

もう思ってもみなかった企業や業種をバンバン提案されるので

なるほどぉ! こんな企業があるのか
ああ、そういうスキルをこういう業種に活かせる!?

って目からうろこです。

非公開の求人情報もたくさんありますし、添削してもらった経歴書を登録しておくことで、それを見た企業からオファーがくることもあります。

履歴書や職務経歴書も受ける企業ごとに「ここをアピールしましょう」「言い回しを変えてみましょう」って添削してもらえるんですよ。

さらに書類選考や面接で落とされてしまった理由も教えてもらえるので、次の活動へとつなげることができます。

旦那に登録してもらったのは3つ。

リクルートエージェントは鉄板かなと思ったので。

やはり登録企業の多さは群を抜いています。

うちのように受けられそうな会社が少ない業種には非常に助かりました。

パソナは旦那が独身時代にも一度登録してお世話になっています。

そのときは転職活動をやめてしまったのですが、かなりエージェントの印象はよかったんです。

しかも義兄が転職を考えていたときにパソナを紹介したところ、某有名企業に転職が決まり、トントン拍子に出世しています。

もう一つくらいどこか……と思ったときにたまたま見つけたのがDODAでした。

結果的に今回、転職が決まったのはDODAのおかげですね。

ふみ
担当者にもよるのですが、その当時の旦那には一番合っていたようです

登録は無料ですし、エージェントごとに特徴や担当者との相性があるので、複数登録しておくといいですよ。

参考 転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェントリクルートエージェント 参考 派遣の求人・お仕事を探すなら人材派遣会社の【パソナ】パソナ 参考 転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイトdoda

旦那が働いている間に妻としてやったこと

日中、休憩時間もないほど働きづめの旦那。

家にはほぼ寝るために帰ってきてるようなものです。

転職活動しようにも、ほとんど何もできません。

そんな旦那のために私がやっていたのが、

  • 旦那にマッチしそうな仕事探し
  • 受ける予定の会社の情報探し
  • 会社の口コミ探し

旦那にマッチしそうな仕事探し

日中は生後9か月の娘をあやしながら必死で求人情報を探していました。

各種エージェントからの

  • 新着求人メール
  • 求人情報
  • オファー情報

をチェックして、必要な部分はプリントアウトしたり、わかりやすくまとめたり。

ふみ
毎日毎日ずっと画面スクロールをしていたので腱鞘炎になりかけました

受ける予定の会社の情報探し

旦那が「この会社を受けるつもり」と言えば、会社の情報を探しました。

  • 公式HP
  • 求人条件
  • 企業のインタビューや記事
ふみ
誰よりもその企業について詳しくなってやるんだというくらいの気持ちで調べつくしましたよ!

面接を受ける会社の所在地・行き方

面接を受けるなら会社への行き方を調べておかなければなりません。

  • どうやって行くのか
  • 所要時間はどのくらいか
  • 混雑しやすい時間はあるか

遅刻してはまずいので実際に面接を受ける時間帯にどのくらい時間がかかりそうか調べます。

泊まり込みで行く場合には周辺に食事をするところや宿泊施設はあるかどうかも確認が必要ですね。

面接を受けるのが本社で普段は違う場所で勤務するというケースもありますよね。

ついでに実際に通勤する場所も調べておくといいです。

  • 通勤経路はどこか
  • 所要時間はどのくらいか
  • 出退勤の時間帯に混むか

などなど。

ふみ
受けてから「え、通えなくない?」ってなったらつらいですからね

会社の口コミ探し

のような企業の口コミサイトをのぞいては、受けようとしている企業の内情を探りました。

これは入ってから旦那が後悔しないためですね。

あまり見すぎるとどこの会社も受ける気がなくなるので注意が必要です。

ふみ
こういった口コミサイトは割と会社に不満があってやめていく社員が書くパターンも多いので、悪いことばかり書かれていたりするんですよね

登録は無料!

旦那がやらなくてもいい部分をサポート

いくらこちらが手助けをしたいと思っていても、やはり妻からガンガン口出しをされると旦那も嫌な気持ちになるもの。

旦那には旦那のプライドがありますしね。

それでも働きながらの転職活動は時間も限られているので、いかに効率よく仕事や情報を探すかが鍵になってきます。

妻としては旦那がやる必要のない部分、情報をただひたすら機械的に集めてくるという作業を担当しましょう。

  • 条件にあう求人情報
  • 会社情報
  • 会社の口コミ
旦那がどこにピンっとくるかはわかりませんので、あまり嫁側の主観を出さないように集めてくることも大事です。

いい会社に就職できるようサポートしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください